【18卒】合格エントリーシート パラマウントベッド テニス

Q. あなたの強みと弱みをそれぞれお書き下さい。(300文字以内)

私は粘り強さが強みです。

高校時代、怪我にも悩み目標にしていた全国大会出場を達成できず悔しい思いをしました。スポーツについて学びながら、レベルの高いチームで成長したいという思いから●●大学のテニス部に入り、日々練習に励んでいます。

現在は怪我も減り今まで負けていた選手に勝てるようになり成長を実感しています。試行錯誤しながら貪欲に取り組む粘り強さをこれからの仕事に活かします。

また弱みは頑固であるという点です。

自分本位になってしまいがちなので、周りの意見を取り入れることを意識しています。部活を通じて立場ごとに意見は異なることを学びました。積極的に意見を取り入れ、頑なになりすぎないよう心がけています。

Q. 下記【設問1~4】について、あなたが学生時代を通じて最も挑戦したエピソードを具体的にご記入ください。

【設問1】設定した目標は何でしたか。(30文字以内)

リーグ戦で2部昇格に貢献する選手になること

【設問2】なぜその目標を設定したのですか(100文字以内)

私個人の目標がリーグ戦のメンバーになって勝利しチームに貢献する事だったからです。個人の目標達成がチームの目標達成につながり、貢献できると思いました。

【設問3】達成するにあたり最も高い壁はなんでしたか(150文字以内)

メンバー決めの部内戦で敗北し、メンバーになるという私個人の目標が達成できなくなるという壁にぶつかりました。自分を責めてばかりでサポートとしてチームを支える気持ちに切り替えることができませんでした。

この経験を通じて今まで自分のことを一番に考えていることに気づきました。

【設問4】それを乗り越えるために努力したこと・工夫したことは何ですか(300文字以内)

サポートになった私でもメンバー以上に影響力を与える存在になりたいと感じました。

2部昇格に貢献する選手になるという目標を再確認しチームでの私の役割を考えました。

壁にぶつかったことで自分のことしか見ていない事に気づき、視野が一気に広がり周りを見られるようになりました。

意思疎通、情報共有がうまくいく風通しのいいチームにするため、上下のパイプ役になって縁の下の力持ちとしてチームをまとめました。

またムードメーカーになって常に雰囲気を明るくする事に努め、チームの勝利に貢献する事ができました。

Q. 自己PR

私の強みは粘り強いところです。

現在体育会テニス部に所属し練習に励んでいます。小学生の頃に始め、本格的に取り組むために中高一貫のテニスの強豪校に入学しました。そこでは高校生と中学生が一緒に練習していたのですが、技術的にも体力的にもついていけずとても悔しい思いをしました。

力の差を埋めるため、学校での練習がない日はテニススクールに通いました。その結果、中学生では全国大会に出場することができました。高校では怪我に悩み、満足のいく結果が残せず不完全燃焼で引退することになりました。

スポーツについて学びながら、さらにレベルの高いチームで成長したい、という思いから●●大学のテニス部に入りました。現在はレベルアップのため、力の差がある男子と練習できるゼミに所属し、スポーツ分野を幅広く学び競技に活かしています。

また試合中の感情をコントロールするため、スポーツ心理学の教授にメンタルトレーニングを受けています。ハードな試合・練習に耐える体つくりに必要なトレーニングも毎日行っています。

その結果、怪我も減り、今まで負けていた選手に勝てるようになり成長を実感しています。試行錯誤しながら貪欲に取り組む粘り強さを武器にこれからの仕事に活かします。

Q. 志望動機

私の就職活動の軸は二つあります。

一つ目は同じ目標を持った人たちと助け合いながら仕事ができる事です。

以前に御社の『自分の軸探し』のセミナーに参加させていただいた時に、以前より自分にとって居心地の良いと思えるところで働きたいと思っていましたが、なぜそう思うのか、そう思える場所はどういうところかを自宅に帰って考え直した結果、この軸に決まりました。

説明会に参加させて頂き、一番印象に残っていることは、今まで会った御社の社員の方は全員、雰囲気が似ているということです。

1月14日のスポーツチャンネルのセミナーに参加した際に人事の●●さんと●●さんにお会いし、お話を聞かせて頂きました。

“世界No.1を目指している会社”ということが印象に残っています。

そのあとの説明会でも、映像を含めお会いした社員の皆さんがNo.1を目指しているとおっしゃっているのを聞いて、改めて全員で同じ目標に向かっていると感じました。

もう一つの軸は自分の知識や経験、学んだことを生かして社会貢献したいということです。

私は現在スポーツ店でラケットコーナー担当の販売スタッフとしてアルバイトをしています。コミュニケーションをとってお客様の要望に応じて商品を選ぶときに、自分の経験を生かせたときはとても嬉しくやりがいを感じます。私がおすすめした商品が「良かったよ!」とご来店してくださることもあり、信頼してくださることにもやりがいを感じています。

コンサルティングしながら営業する御社での仕事の商品は自分自身であり、やりがいを感じながら成長し続けることが出来ると感じました。専門性を磨いて仕事の幅を広げ、信頼関係を築きながら社会貢献をしていきたいと思いました。

Q. 部活動においてご自身の役割と目標(チーム・個人)を達成するための取り組みを具体的に教えてください。

チームの目標はリーグ戦で二部昇格することです。

チームの目標達成のためチームに貢献するサポートをすることが私の目標であり、チームをまとめる縁の下の力持ちになることが私の役割です。立場ごとに異なる意見を共有し、チームの風通しを良くするために積極的にコミュニケーションを取り上下のパイプ役になりました。

またムードメーカーになって雰囲気を明るくすることを常に意識して行動し、チームの士気を高めることに努めました。

その結果、唯一コート内で選手のサポートをすることができるベンチコーチに抜擢されチームの勝利に貢献することができました。

Q. 営業職のどんなところに興味をお持ちであるか具体的に教えてください。

私は日ごろからスポーツと営業は同じであるのでは、と考えています。目標(勝利)に向かって入念に行動(周到な準備)をした結果が成果として現れます。また成果を出すことで貢献できていると実感でき、やりがいに繋がります。

私はこれまでプレイヤーのスキルとして必要な運動能力、技術力、戦術力、戦略力を磨き挑んできました。さらに大型スポーツ店でアルバイトをしており、お客様への商品の素材や特徴、使ってみた経験を伝え、販売に繋げています。それは今後の営業職に活かせるものと考えており、実社会に挑んでみたいと気持ちから営業職に興味をもっています。

## パラマウントベッドの合格エントリーシート一覧を見る
## 医療機器メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## テニス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓