【19卒】合格エントリーシート 第一三共(MR職) 硬式野球

Q. ゼミ、研究室、研究テーマなどをご記入ください。(100文字以内)

「遊び」が人間の生活にどのような影響を与えているのかを研究しています。

人生は仕事と遊びのバランスが重要だと考えています。その上で、今後どのような遊びが流行・誕生するのかを追究していく予定です。

Q. クラブ、サークル、趣味についてご記入ください。(100文字以内)

小学校の頃から野球を続けています。どの世代でも全国大会に出場した経験があります。

高校では甲子園野球大会で2度、3番捕手として出場しました。選抜高等学校野球大会ではベスト8まで進出することができました。

Q. 課外活動についてご記入ください。(100文字以内)

野球教室で、長期オフなどの帰省時に小中学生に野球の指導を行っています。自分の持っている知識と技術をいかに小中学生にわかりやすく伝えるかを心がけてきました。

Q. 大学生時代に『1番』力を入れて取り組んだ内容(30文字以内)と、その取り組み期間(20文字以内)をご記入ください。

【内容】体育会硬式野球部での活動

【期間】大学入学当初から継続中

Q. 大学生時代に『2番目』に力を入れて取り組んだ内容(30文字以内)と、その取り組み期間(20文字以内)をご記入ください。

【内容】野球教室でのアルバイト

【期間】毎年12月と1月の年末年始を中心に継続中

Q. 大学生時代『3番目』に力を入れて取り組んだ内容(30文字以内)と、その取り組み期間(20文字以内)をご記入ください。

【内容】障害者シンクロ大会のボランティア

【期間】大学1年生の4月から3ヶ月間

Q. 『1番』力を入れて取り組みについて、目標としていたことやそのような目標とした理由を簡潔にご記入ください。(100文字以内)

本学の体育会硬式野球部の悲願である日本一を目標に取り組んできました。

本学で初の日本一になるという意思があれば必然的に行動や意識が向上し、個人もチームもより成長できると考えたからです。

【設問1】その目標に対して、結果を簡潔にご記入ください。(100文字以内)

関西学生野球リーグ戦で優勝し、全国大会ベスト16まで進出しました。

正捕手としてプレーし、昨年の横浜DeNAのドラフト1位である東克樹選手とバッテリーを組みました。現在も日本一に向けて取り組んでいます。

【設問2】その結果を上げるためにあなたのとった行動を具体的にご記入ください。(特に大変であったこと、自分なりに工夫したこと、他者と協力したこと、など)(800文字以内)

チームを日本一に導くために、捕手のスキルを向上させる事とチーム全体の意識の向上を上げる事の2つを心掛けて行動しました。

捕手というポジションは「グラウンド上の監督」と言われるほど、責任が大きいポジションです。私はチーム全体に指示をすると共に、相手チームの打者の情報を収集し、どのようにすれば打者を抑える事ができるのかを考えました。

そのために試合の前から相手チームのビデオを見て、各打者の得意不得意と特徴を調べてデータを取りました。

試合に臨む時には、予め集めた情報と当日の各打者の調子や傾向に対応しながら、どのように打ち取るのかを考えてきました。経験を積み重ねることにより、情報収集力と判断力、対応力が身に付きました。

全国でも優勝するためには、私自身が捕手として成長する事だけではなく、チーム全体の意識を向上させる事が重要だと考えました。練習では全員が真剣に取り組みますが、練習以外の私生活の面で野球に対する意識が低いと感じたからです。

私は40名以上の部員が在籍しており、メンバーの多くが生活している寮の生活態度が変化すれば、チーム全体にも影響を受けて変わるのではないかと分析しました。

3年生から寮長に就任し、寮生の野球に対する取り組み方の意識の向上を目指しました。その中でも1番力を入れて取り組んだ事は朝の起床体操です。午前9時から練習が始まるにもかかわらず、練習直前まで起きない部員や、朝食を食べてこない部員が多く見受けられました。

このままではベストな状態で練習に取り組めないと感じたので、7時40分に寮生全員で起床し、体操と掃除を行うようにしました。最初は上級生を中心に反発が起こり、起きてこない部員がいました。

そこで私は、全体ミーティングの際に起床の重要性と試合で勝つためだということを訴えかけました。その結果、現在では寮生全員が起床に参加し、ベストな状態で練習に取り組める環境を作ることができました。

Q. 第一三共のコーポレート職を志望する理由をご記入ください。(400文字以内)

私は医療パートナーから信頼を得ることができ、より多くの患者を救う事ができるMRになりたいと思い、貴社を志望いたしました。

小学校、高校、大学で所属した野球部の監督3名全員が偶然MR出身の方々でした。監督の選手への指導法や目配りに憧れてきました。監督のように信頼されるような人になりたいと思いMRを志望しました。

その中でも、貴社のMRは医療関係者や他社のMRからの評価がトップクラスであり、幅広い領域と薬の知識を学ぶことによって、医者の要望にも応えることができる可能性が高いと聞きました。広範囲な知識を吸収できる研修により、包括的な情報提供ができるMRに成長できるのが魅力です。

さらに、貴社は従来の強みを持ちつつ、アンメットメディカルニーズに応える医薬品を創出しようと挑戦しています。今後、貴社は世界中の人々の命や健康寿命の延伸に貢献する可能性が高く、私も貴社の一員として活躍したいと思い貴社を志望いたしました。

## 第一三共の合格エントリーシート一覧を見る
## 製薬メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトにシェアしてもらえるとありがたいです↓