【20卒】合格エントリーシート 住友電気工業 硬式野球

Q. ゼミでのテーマまたは、興味のある科目について。(全角400文字以内)

3年次より所属し、個人で、日本の深刻な課題である、少子化現象の原因について研究しております。きっかけは、河合雅司さんの本で、「西暦3,000には人口が2,000人になる。」といった文面を拝見し、少子化現象について興味を持ちました。

研究する上で、過去と現在の比較検討を中心に研究を進めており、マクロの視点とミクロの視点の両方の視点を持つことを大切にしています。具体的には、1960年代から現在にかけての、日本の良き経済システム(年功序列、終身雇用)といった国家レベルのマクロ領域の変化が、子供を産み育てやすい環境の崩壊といった、家族レベルのミクロの領域に影響を与えたと結論付けました。

今後、少子化が進む中、現在の日本の経済システムでの最適な選択肢とは何なのか、日本が進むべきベクトルについて、詳しく研究したいと考えております。

Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたこと。(全角500文字以内)

底辺から始まり、高い壁に挑んだ硬式野球部での活動です。

県内レベルの高校の野球部でレギュラーに成ることさえできなかった私ですが、その悔しさを晴らすために、甲子園常連校のレギュラーが集う大学の野球部でレギュラー奪取を決めました。入学後、周りとの差が打球の飛距離だと気付き、打球の飛距離とスイングの速さは比例することに着目し、スイングの速さを上げるため、居残りで毎日通常よりも長いバットで素振りを行いました。

次第に成果が出始めた時、足を負傷し、可能な努力が制限された中で効果的な方法を考え、以前は、筋肉が固くなり怪我をしやすくなると言われていたため、行ってこなかったウエイトトレーニングに挑戦しました。

その結果、3ヶ月後の2軍戦で1打席のチャンスをもらい、初のフェンス直撃のヒットを放ち、飛距離の伸びが評価され、その後1軍での試合出場ができました。

現状レギュラーとしては活躍できていませんが、この経験から、逆境の中でも努力の幅を広げ成果に繋げられることを学びました。貴社でも、壁にぶつかったとしても、視野を広げて努力することで活躍したいです。

Q. 住友電工への志望動機、住友電工でやってみたいこと。

デジタル化が進む世の中で、貴社が様々な産業の発展に貢献しているからです。

私が貢献したいと考えたきっかけに、大学野球部で、レギュラーになれなかった悔しい経験があります。悔しさが残る学生時代だったからこそ、日本、そして世界に貢献できる貴社に惹かれました。

そして、貴社では営業として働きたいです。その理由に、第一線で貴社に貢献したいと考えたからです。大学の野球部で、自分が試合に出場できない時は、応援隊長としてスタンドの応援の指揮を執りました。この取り組みを監督からも評価され、唇を噛む中でも、自分の方法で貢献することの嬉しさを学びましたが、今後は、数字を残すことで貴社に貢献したいです。

## 住友電気工業の合格エントリーシート一覧を見る
## 鉄鋼 / 非鉄金属メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓