【22卒】合格エントリーシート 講談社 居合道

Q. あなたの特技・趣味を教えてください。(40文字以内)

居合道・ダンス・史跡巡り・歴史情報の収集・寺社巡り・読書・筋トレ・古文書読解

Q. あなたが選んだ志望分野(1)(2)のなかで、やりたい仕事とその理由を具体的に書いてください。

志望分野(1):教養・ジャーナリズム 学芸・学術分野
志望分野(2):ビジネス戦略・マーケティング・プロモーション分野

Q. 志望分野(1)やりたい仕事(30文字以内)

講談社学術文庫の編集の業務に携わりたいと考えます。

Q. 志望分野(1)その詳細と理由(240文字以内)

御社の学術文庫の中でも、歴史・文化に関する文庫を担当したいと考えます。私は日本史に強い関心があり、大学では日本史学を専攻しています。古文書の読解や数百・千年前の記述を確認する学習を通して、私は将来、歴史や文化を未来へ受け継ぐ役割を担いたいと考えるようになりました。御社の学術文庫の編集を通し、新旧様々な作品を未来へ継承する現代人として、尽力したいと考えています。

また、専門分野は日本史ですが、幅広い地域の歴史や文化に精通している歴史・文化分野の専門編集者を目指したいです。

Q. 志望分野(2)やりたい仕事(30文字以内)

販売についての企画立案の業務を担当したいと考えます。

Q. 志望分野(2)その詳細と理由(240文字以内)

私は、過去・現在・未来の作品がより多くの人に届き、より長く愛されることを目標に、販売企画を立案・実行する業務を担当したいと考えます。これは、作品を未来に継承する役割を担いたいという志に基づいた考えです。

私の志を御社で実現するためには、大人だけでなく、未来を担う子供が物語に触れる機会を多く創出する必要があると考えます。そのため、青い鳥文庫などの販売促進企画の立案に関わりたいと考えています。また、SNSの活用法を研究し、自宅にいながら作品の購入機会を増やすための方法を考えたいです。

Q. 志望分野(1)(2)以外に講談社でやりたいことがあれば簡潔に書いてください。(40文字以内)

幼児向け絵本の読み聞かせCDシリーズの制作をしてみたいです。

Q. 講談社以外で、興味のある職種や業界などを教えてください。(40文字以内)

教育・メーカー・通信など

Q. あなたが講談社に、他の会社よりも魅力を感じる部分はどこですか?そう考える理由も書いてください。(120文字以内)

私は、他社が特定の部門に比重を置くのに比べ、御社はバランスよく各部門に注力している点が魅力だと感じます。文芸やコミック、雑誌だけではなく、学術書にも注力され、各部門で満足度の高い作品を作っています。この点を私は尊敬し、魅力だと思います。

Q. あなたの大学時代を象徴する「ものがたり」を披露してください。

【設問1】タイトル(30文字以内)

女剣士への道

【設問2】その詳細(200~240文字以内)

私は体育会居合道部に所属しています。居合道は、敵がいると想定し、日本刀を使って敵を倒すための技を稽古する事で心身を鍛えるという武道です。

この三年間は、理想の剣士になるための修行期間でした。私はより力強い演武が出来るようになるために、ほぼ毎日稽古を重ねています。特に昨年度は学校で稽古が出来ず、大会も一度もありませんでしたが、困難な状況の中でも、工夫して自宅稽古を行いました。

どんな環境でも稽古を継続することの重要性に気づくことは、理想の剣士に近づくために必要な道であると思います。

Q. 人生最大の失敗は何ですか。また、その失敗に対してどう対処、行動したか教えてください。(240文字以内)

私の人生で最大の失敗は、大学受験に一度失敗したことだと思います。その失敗の原因は、実力不足と努力不足であったと考えます。

この失敗を受け、次年度の合格に繋げるためには、逆算して計画的に学習を進めることが必要であると考えました。次年度の合格のために必要な点数と現状の差を考え、具体的にどの科目をどれだけ努力する必要があるのかを把握しました。その上で、効率的に学習を行うため、一日の生活スケジュールを計画しました。

この経験を糧に次年度は合格し、失敗を乗り越えることが出来ました。

Q. 次のあなたのベスト1を、理由とともに教えてください。(他社の作品でもかまいません)

【ノンフィクション作品】

書名(全半角20文字以内):道をひらく

著者(全半角20文字以内):松下幸之助

理由(全半角80文字以内):
大学浪人の時に購入し、力強くも厳しい言葉を支えに勉強に取り組んだ思い出深い一冊であるため、選びました。今後の仕事でも、この本の言葉を支えにしたいと考えています。

【文芸作品】

書名(全半角20文字以内): ヴォイド・シェイパ

著者(全半角20文字以内):森博嗣

理由(全半角80文字以内):
リアルに刀の扱いや心構えを描いている小説であるという点で、現在の私にとても響く作品であるため、選出しました。小説であり、哲学書のようにも思える不思議な作品です。

【コミック作品】

書名(全半角20文字以内): リボンの騎士

著者(全半角20文字以内):手塚治虫

理由(全半角80文字以内):
私がこの作品を何よりも好きな理由は、主人公が強さと可愛さを兼ね備えている点に惹かれるからです。一方で、読む度に男女の心の差について考えてしまう作品でもあります。

【映像作品】

書名(全半角20文字以内): レッドクリフ

監督名(全半角20文字以内):呉宇森

理由(全半角80文字以内):
三国志に興味を持つ契機となった作品で、 迫力ある合戦シーンも含め、三国志の世界観を三次元で完全再現している点が最高に魅力的だと感じているため、選出しました。

Q. 以下の項目に回答してください(簡潔に)
あなたが「最も信頼している人」は誰ですか? また、あなたが「その人を信頼する理由」と、 その人から自分が「どんな人」だとよく言われるか教えてください。

【設問1】信頼している人(30文字以内)

部活の同級生女子3人

【設問2】信頼している理由(60文字以内)

私が彼女たちを信頼するのは、常に周りをよく見ており、他者に誠実かつ思いやりある行動をとる人だからです。

【設問3】どんな人だと言われるか(40文字以内)

気分の大きな変動がなく、安定して明るいため、話していて楽しい人だと言われます。

Q. 想像でも構いません。あなたにとって「働く」とは?(240文字以内)

他人と協同して社会を動かすことだと考えています。学生生活を通して、多様な価値観を持つ人と協力して運営を行いました。社会で働くということは、これまでの学びを活かし、多くの人と協力して新しい物事に取り組むという、実践の場であると考えます。
また働くことで、自身の生き方をより魅力
あるものに成長させられるとも考えます。社会で働く中で、自分の短所を自省することや、魅力的な生き方の人に出会うことがあると思います。そこから学び、更に成長することも、「働く」ことの一要素だと考えます。

Q. あなたが想像する2030年の社会における出版社と、そこであなたが果たしている役割についてできるだけ具体的に書いてください。(240文字以内)

10年後の社会において、出版社は現在と変わらず、作品を創出する最先端の会社であると考えます。なぜなら、これまでの歴史の中で、どれだけ大きな災害や困難が起こっても、社会は物語・作品を求めてきたからです。

しかし、10年後も作品が社会に求められるためには、出版社も読者のために、常に満足度の高い作品を販売する必要があります。そのため、私は学芸・学術書の編集として、常に読者の学問への興味を一歩深める、「わかりやすい、けれど奥深い」書籍を創る編集者として、社会に尽力していると予想します。

## 講談社の合格エントリーシート一覧を見る
## 出版の合格エントリーシート一覧を見る
## 居合道部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓