【18卒】合格エントリーシート 日本テレビ放送網 アメフト

Q. 得意な外国語とそのレベル(資格試験の点数や、会話のレベルなど詳しく書いてください)(80文字以下)

アメリカ人のコーチと日常的な会話を含めて、英語だけで会話することが出来ます。

Q. ゼミ・サークル等(80文字以下)

経済学部 ●●ゼミ(統計学)
体育会アメリカンフットボール部

Q. あなたが学生時代に直面した「最大のピンチ」とそれに「どう立ち向かったか」を 教えてください。(特にその中で実際にとった行動やエピソードなどを交えて具体的に)(300文字以上400文字以内)

私が経験した学生時代最大のピンチは、昨年の●●大学とのリーグ戦1週間前でした。

アメリカンフットボールは「準備のスポーツ」と言われ、準備を怠ら無いチームが勝つと言われています。●●大学戦1週間前にディフェンスの先輩から「3日後、チームのミーティングで●●大学戦への作戦を発表して」と言われました。そこで私は、事情を後輩に伝え6人のグループを作り相手の分析を行いました。発表を完璧に行う為に、夜通し分析と議論を交わしました。そして、相手の特徴や弱点を分析し、チームが納得する発表をする事が出来ました。その結果、最後まで分析したデータを元に試合を構成し、勝利することができました。

私はこの事から、後輩に作業の指示をして動いてもらうこと、チームに発信をすること、諦めない事で勝負を動かす事ができることを学びました。そして何よりも嬉しかった事は、自分達の働きで大勢の人が喜んでいる姿を見ることが出来た事でした。

Q. あなたのこれまでの人生で、テレビはどんな存在で、テレビからどんな影響を受けましたか。具体的な例を挙げて教えてください。(250文字以上350文字以内)

私にとってテレビとは、人生の選択にヒントを与えてくれる教師の様なものであると思っています。

私がアメリカンフットボールを始めるきっかけとなったのが、貴社のアメリカンフットボールの中継でした。「かっこいい」と漠然と思っただけなのですが、私がアメリカンフットボールを始める1番のきっかけでした。私はアメリカンフットボールを出来ることや、そのきっかけを作ってくださったことに感謝しています。

もう一つは、イチロー選手のドキュメンタリーから学んだことです。イチロー選手はルーティーンを大切にし、それらがいかに重要かを話していました。私はイチロー選手の真似をして自分なりのルーティーンを作り、2,500人の観客がいる中、私は落ち着いて正確なプレーをすることが出来ました。

Q. 学生時代、あなたが最も「発想が素晴らしい」と感じたコンテンツは何ですか?(ジャンルは問いません)(250文字以上350文字以内)

私が最も素晴らしいと思ったコンテンツは、バーチャルリアリティーです。私はこの技術をテレビ業界に生かし、よりテレビを誰もが楽しめる様、視聴者の方に届けることが出来ると考えました。

私は、スポーツの中継にバーチャルの技術を使用することで、より面白く興奮する試合を視聴者の方に提供出来ると思いました。また、選手と同じ視線でフィールドに立つ映像や、ベンチからの映像を見ていただくことで更にスポーツを面白く見ていただけると思います。そして、テレビを見るという行為だけでなく「体験する」という行為に変えていけるのではないかと思います。フィールドの緊張感や、凛々しい選手の表情、ファンの歓声や応援をテレビから発信し体験をしていただきたいと思いました。

## 日本テレビ放送網の合格エントリーシート一覧を見る
## テレビ系列の合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓