【22卒】合格エントリーシート KDDI 陸上競技

Q. KDDIで実現したいことを教えてください。(400文字以下)

通信の力で一人ひとりのニーズに沿った教育を提供できる環境の実現に尽力したいと考えております。

私は陸上競技部において部の全体練習メニューを作成しておりましたが、全体のメニューは各部員に必要な練習の最大公約数を反映させたものであるため、個々人にとって最適化された内容であるとは必ずしも言えないと感じておりました。

そうした経験から個々人の習熟度に沿った学習指導を提供するアダプティブラーニングに関心を持ち、その実現に向けて ICT 環境の教育現場導入に携わりたいと考えるようになりました。

現状こうした学習を支える情報通信環境が全国の教育現場に整備されているとは言えず、指導者側にも必要なノウハウが行き届いておりません。貴社の持つ安定で強靭な通信ネットワークを普及させるのは勿論、教育認知心理学や実験データ解析で培った私自身の知見や経験を活かし、より良い学習環境を提案導入したいと考えております。

Q. あなたがチームで力を入れて取り組んだ経験について、ご自身の役割を含めて教えてください。(400文字以下)

所属する陸上競技部において練習の質を向上させたことです。

陸上競技は個人競技ですが、チームから受ける恩恵が一人ひとりの競技力向上に大きく関与します。そのため最上級生時に同期で一丸となり、各部員が自己ベスト更新に向かって最善の行動を取ることの出来る環境作りに取り組みました。

私は1年生の頃から部外の様々な練習会に参加しており、練習ノウハウが多かったことからメニュー作成係を引き受けました。先代の作成した内容を踏襲することは避け、部員へのヒアリングを通して各自の行うべき練習を特定し、その共通項を全体メニューとして盛り込みました。

また怪我で個人練習をせざるを得ない部員に対しては辛い気持ちに寄り添うとともに、一人ひとりの状況に応じたメニューを別途提案しました。

私を含めた各同期の取り組みが後輩に伝わった結果、各自が充実した練習を行うことの出来る環境が整備され、多くの部員が自己ベストを更新しました。

## KDDIの合格エントリーシート一覧を見る
## 情報通信系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓