【22卒】合格エントリーシート 兼松 ラクロス

Q. あなたが責任をもって最後まで行動した事は何ですか?※無い場合は途中でやめてしまった理由等含めご記入ください。(200文字以上300文字以内)

ラクロス部で、率先して新しい戦術の実現に注力した。

私達は「関西制覇」を目標に掲げていた。しかし失点数が多い状況にぶつかり、従来では勝てないと痛感した。そのため同期や先輩に訴えたが、反対された。負けず嫌いで熱い性格の私は、諦めたら勝てないと思い、次の2点を2ヶ月実行した。

練習メニューの追加、毎日反省点と意識点をグループ内で共有。背中で見せ、最後までやり切る姿勢が周りにも伝わり理解者が増えた。結果、決勝戦で無失点に成功し、関西制覇を成し遂げた。

仲間を巻き込むことで、改革を実行することに大きな成果を得られることを学んだ。今後、社会人としてもメンバー一丸となって、困難を解決できるように日々励みたい。

Q. 学生時代あなたが最も熱意をもって挑戦したことは何ですか?(200文字以上300文字以内)

戦力外を告げられても諦めずプレーヤーとしてラクロスに挑戦したことだ。

私は来年の主力ではないことを告げられ、コーチか選手の選択肢に迫られた。そこから2ヶ月間悩み込んでしまい、自暴自棄になってしまうほどだった。

「スタメンとして日本一に導く」ことを目標にしていた私は諦めて、コーチとして日本一に導くことを考えたが、ガムシャラさが消え、軸である「負けず嫌い」が薄れると考えた。コーチをすることで、失うものの大きさに気付き、思考転換したことで自暴自棄を乗り越え、選手として続けるという決断に至った。

負けず嫌いさを活かし、練習プラス自主練習で結果を出すことを誓い、この挑戦の正しさを証明したい。

Q. 当社を志望する理由を、「ご自身の人生経験の中で何がどう影響を与え、現在そう思うに至っているのか?」が明確に分かるように教えてください。(200文字以上300文字以内)

自分が作ったサービスを使って、世界中の課題を解決するために貴社を志望する。

私はインドネシアで日本人が私だけの中で主将を務めていた。そこでは「準備体操」の文化がなく怪我人も多かった。その必要性を強く感じ、率先して導入したことで、減少していった。このように、ゼロから作ることにやりがいを感じ、社会の場でもやりたいと考えた。

その点で貴社は、事業創造集団であり、ゼロから事業を始めることができる。また、新しい発展を繰り返すなど、挑戦し続ける姿が私の性格と一致した。これらはOB訪問や説明会を通して、強く感じた。

「海外で得た多様な価値観などを受け入れる柔軟性」を活かし、世界中の課題解決をしたい。

Q. あなたは周囲の人からどのように評価されていますか?今までの経験を踏まえてご記入ください。(200文字以上300文字以内)

周囲から「熱い男」だと評価される。「熱い」とは、何事にも全力で、努力を惜しまないことを意味する。

部活動の練習や試合では、周りに強く言ったり、士気を高めた。また練習以外では「心技体」を鍛え、ラクロスで「日本一」を目指すための行動をしている。これらの行動は自分だけでなく、チームにも刺激を与えることで、良い影響を与えることができたと考えている。

一方で、熱すぎて「頑固さ」が出てしまうため、周囲の意見を取り入れながら行動している。貴社でも「熱さ」を忘れずに、あらゆる業務に全力で取り組みたい。

## 兼松の合格エントリーシート一覧を見る
## 専門商社の合格エントリーシート一覧を見る
## ラクロス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓