【勝者の法則】弱気は最大の敵

あなたは、こんな経験したことないかな。

どうしても勝ちたい試合で、試合開始早々のミスから立ち直れず、結局、自分の力が発揮できないまま、試合終了のホイッスルが鳴る。

試合後に思う。

確かに、最初のミスは痛かった。でも最大の敗因は、ミスを引きずってしまい、試合を通してズルズルと、本来の自分を取り戻せなかったことにある、と、、

そんな人に、今日の話は役に立つかも知れないね。

もう引退しちゃったけど、ウサイン・ボルト選手が、2011年の世界陸上100m決勝でフライングをして失格となった。

んで、数日後に彼は、200mと400mリレー、2つ走ったんだけど、その結果は知ってるかな?

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

200m    金メダル

400mリレー 金メダル(世界新)

これってすごくね?

ボルト選手のスポンサーは、彼の「金メダル」に、何億、いや、何十億の金を投資してるわけ。

世界中のボルトファンからの期待もハンパない。

ファンじゃなくても、何億という人がボルト選手が勝って当然と、テレビをみている。

そんな中、最初のレースである100m決勝で失格。

めちゃめちゃへこむよね、普通。

しかも試合後、世界中のメディアは、ボルト選手にキツい質問を浴びせた。

「レース直前のカメラに向けたパフォーマンスが影響しているのでは?(彼のレース前のパフォーマンスは有名)」

「練習不足だったのでは?」

でもボルト選手の答えは一貫していた。

「200mに向けて最高の準備をする」

「切り替えてやるだけ」

「僕が世界一。変わりはない」

その日の夜は当然、眠れなかっただろう(ガン寝してたりしてw)。

200m決勝のスタートラインに立った時、100mのときのフライングが脳裏をかすめたかもしれない。

でも彼は、弱気という敵が心に入り込む隙を、一切作らなかった。

絶対勝てる、と、思っていた。

そして、より一層のファイティングポーズで、次のレースに臨んだ。

少なくともわたしにはそう見えた。

結果、本当に勝ってしまった。

・・・・・

・・・・・

誰だって失敗はするけど、失敗したあとの反応は2つに分かれる。

失敗からすぐに学び、軌道修正しようとする人と、

失敗したことを悔やみ、いつまでも引きずる人

どっちが最高の結果が得られるかは、ボルト選手が示した通りだ。

「でもそれってボルトだからできることでしょ。経験もあるし」と言う人もいる。

本当にそうだろうか?

ボルトでも、キミでも、小学生でも、「次は絶対うまくいく」と、自分を信頼し、奮い立たせることはできるよね。

「やべ、ミスった、、」とその瞬間に、ネガティブなものを無視して「次だ次!」と言い切ることは、誰にだってできる。

そしてココがポイントなんだけど、

おそらくボルト選手は、普段の練習から、失敗しても次の1本、次の1本、と思って練習に持って取り組んでいたんじゃないかな。習慣というやつだ。

もちろん、どれだけ強気で、勝ち気な習慣を身につけたところで、勝利は保証されない。当然、負けることだってある。

でも、あなたが本当に勝ちたいなら、

勝つ可能性を高めたいなら、

執拗(しつよう)に繰り返すんだよ。ミスをしても「次だ、次!!」と。

勝負って、案外、こういうところで決まるんじゃないかな。

▼100m決勝で失格…(0:16から)

▼…からの200m金!(0:47から)

▼リレーも金!!かっけぇ、泣くわ…(2:45から)