【21卒】伊藤園 インターン体験記 01

インターン体験概要

企業名 伊藤園
職種 事務系
開催時期 2019年12月
開催日数 1日間
開催エリア 東京都
開催場所 オフィス
給与発生 なし
昼食(費)の支給 なし
交通費の支給 なし
インターン内での残業 なし

インターン選考

ES提出 

インターンのテーマ・内容


・テーマや課題
課題解決型グループワーク(伊藤園の新しい商品・改善商品の提案)

・内容
飲料業界の概要説明→伊藤園の概要説明→ワークの説明→グループワーク(伊藤園既存商品の改良案or新商品案)→プレゼン→社員の方のフィードバック→座談会(希望者のみ)

本選考優遇の有無・参加後の志望度変化など

・インターンで学べた業務内容
営業

・参加者への優遇有無
あり

・優遇内容
インターン参加者限定の早期本選考があった。

・インターン参加後、志望度は上がった?下がった?
上がった

・志望度変化の理由
元々伊藤園についてあまり知らない状態で参加したが、幅広い商品ラインナップに驚き、また、会社としての「お客様第一主義」のこだわりに共感したから。後は、お土産でいただいた商品が美味しかった。

・インターン参加後に社員や人事からの連絡(個別面談 / OBOG紹介 / 交流会など)はあったか
いいえ

・参加学生のレベル
普通

・そのように考える理由
学歴の話になるが、上位層から下位層まで幅広い大学の生徒が参加していたため、普通と考えた。

社員の雰囲気や対応

社員の方の対応は非常に良かったと思う。プレゼンに対するフィードバックではジョークも交えながら、的確かつ優しく評価をくださった。また、インターン終了後に会場にジャケットを忘れて帰ってしまったのだが、その旨を連絡したら迅速に対応してくださった点で印象が良かった。

この企業のインターンを通して学んだこと

伊藤園の強み・弱みやこだわりを深く知ることができた。例えば、伊藤園の強みは「おーいお茶」の圧倒的知名度とシェアであるが、弱みは「お茶以外の商品の知名度の低さ」が挙げられた。

このように表裏一体である強みと弱みを踏まえて、どのような商品改善案や新製品案を出すべきなのかをグループワークを通して考えを深めることができた。

この企業のインターンを受ける後輩へのアドバイス

1グループあたり6~7人と、人数が多い割にグループワークの時間が短かったため、効率よくワークを進めたほうが良い。

また、自分がプレゼンで発表した時に流れで「発表を聞いている他グループの学生に話を投げかけてみた」所、その後のフィードバックでプレゼンの仕方がうまいと評価をいただけたので、試してみると良いと思う。

## 伊藤園のインターン体験記一覧を見る
## 食品メーカーのインターン体験記一覧を見る
## メーカーのインターン体験記一覧を見る
## 全てのインターン体験記を見る