【21卒】旭化成 インターン体験記 01

インターン体験概要

 

企業名 旭化成
職種 事務職
開催時期 2020年2月
開催日数 1日間
開催エリア 大阪府
開催場所 オフィス
給与発生 なし
昼食(費)の支給 昼食支給(弁当 / 社食 / 外食など) 
交通費の支給 なし
インターン内での残業 なし

インターン選考

ES提出 

インターンのテーマ・内容


・テーマや課題
営業体験や実際の製品を用いてプロジェクトを考えるなど

・内容
まず最初は、グループでアイスブレイクを行い、軽く説明会をしてもらいました。

その次に、プロジェクトをグループで考えました。

続いて、実際の営業の人をお客様に見立てて、営業体験を行いました。社内の研究職、技術職、お客様など様々の人々の間に立って、仕事体験を行いました。

最後に実際の旭化成の製品を用いて、グループで企画を考えました。

本選考優遇の有無・参加後の志望度変化など

・インターンで学べた業務内容
営業

・参加者への優遇有無
あり

・優遇内容
参加した人は早期選考の連絡が来ます。

・インターン参加後、志望度は上がった?下がった?
上がった

・志望度変化の理由
人事の方だけではなく、多くの営業職の方がいて、リアルな声を聞くことができたので、実際に働くことの想像することができたからです。

・インターン参加後に社員や人事からの連絡(個別面談 / OBOG紹介 / 交流会など)はあったか
いいえ

・参加学生のレベル
かなり高い

・そのように考える理由
グループで作業していて、みんな頭の回転が速く、理解力がとても高かったからです。ロジカルに考えられる学生が多かったです。

社員の雰囲気や対応

一言でいうと、メリハリのある会社だと思いました。プラベートはとても楽しそうで、同期の人たちの仲も良さそうでした。

インターンに来て下さった営業職の方々は海外で働いていた方が多く、とても裁量の大きい仕事ができそうでした。

この企業のインターンを通して学んだこと

インターンを通して学んだことは、主体性です。旭化成の営業職は周りを巻き込んで、仕事をするのがほとんどで、実際の営業体験でも主体的に何事も取り組まないとうまくいきませんでした。

ミスしても良い、間違っても良い、当たって砕けろの精神を学びました。

この企業のインターンを受ける後輩へのアドバイス

とてもレベルの高いインターンで、ボリュームのある内容ですが、終わった時には達成感があります。

常に周りには営業職の方々がいるので、積極的に何でも質問することが大切です。色々な人の経験を聞き、価値観を知ることができれば、今後の就職活動に活かせると思います。

## 旭化成のインターン体験記一覧を見る
## 素材メーカーのインターン体験記一覧を見る
## メーカーのインターン体験記一覧を見る
## 全てのインターン体験記を見る