【20卒】合格エントリーシート 損害保険ジャパン日本興亜 硬式野球

Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。(各50文字以内)

1. 体育会硬式野球部の活動において投手の球速を上げる為に取組んだ事
2. 仲間と寮生活をしながら共に甲子園を目指した事
3. 体育会硬式野球部との両立の中で1年間続けた飲食店のアルバイト

Q. 上記のうち、最も力を入れた取組み(1つ)について、理由・活動期間・役割などイメージができるように具体的に教えてください。(その取組みの中で発揮したあなた自身の強みや、認識した課題についても教えてください)(400文字以内)
入学当初から体育会硬式野球部の中で投手の球速が伸びないという問題をチームは抱えていた。

その原因を考えた時に当時のチーム状況として、トレーナーが考えた練習メニューに対し、文句を言う選手がチームの6割を占めていた。私はこの部分に何か起因するものがあると思い、「投手の球速が伸びないというジンクスをなんとかしたい」という想いから、選手の納得のいく練習メニューは何か考えた。

そこで私は各個人が考える効果的メニューの提出を求めることを投手リーダーに提案した。これに伴い、各個人に役割を持たせることで当事者意識が高まり、責任感を持つようになった。結果、伸び悩んでいた各投手の球速が1km~2kmアップした。

私はこの活動を通して、対策を立案し周囲を巻き込む力を発揮する事ができた。また気づきとして、誰かに指示されやらされる練習よりも、自ら能動的に取り組む方が確実に効果を生み出す事ができることに気づくことができた。

Q. あなたがこれまでに一番悩み抜いて下した決断はなんですか。決断までの過程や、その決断に至った理由なども明確にしながら、具体的に教えてください。(400文字以内)

高校2年の頃、野球部で肘の痛みを監督に申告するかを悩んだ結果、選手としての評価が下がる事を恐れ、申告しない決断をしてしまった事だ。

当時のチーム状況として、怪我を抱える選手は監督やコーチ陣から理不尽な指導や叱りを受ける風潮や、早朝掃除の罰制度が存在したため、自分だけでなく、チーム内で怪我を申告しづらい雰囲気があり、痛みを我慢する選手が多々いた。私自身も痛みを申告すると、選手としての評価が下がってしまう事を恐れていたため、申告しない手段を選択してしまった結果、怪我が深刻化した。当時、自分の意見や考えを、恐れず口にする勇気があれば、怪我を深刻化させることなく、着実に進んでいたプロ野球選手の夢を断念することもなかったと後悔した。

私はこの経験から、恐れず自己主張する事の大切さを学ぶ事ができた。また逆説的に言うと、他人からの評価を得るためなら自身の体を犠牲にしてでも努力を惜しまない事に気づく事ができた。

Q. 損害保険ジャパン日本興亜で実現したいことを教えてください。(200文字以内)

「海外に進出を試みている企業の挑戦を支える」仕事がしたい。なぜなら、私は高校時に怪我をしてプロ野球選手になるという夢を断念した経験から、夢半ばで諦めてしまう人を少しでも減らしたいと考えているからだ。

昨今の日本では、海外に手を伸ばす企業が増加傾向にあり、これに伴い、その挑戦の数に比例してリスクが生まれる。そこで、貴社ならではの「失敗を推奨する風土」を駆使し、海外にチャレンジする企業の挑戦を支えたい。

## 損害保険ジャパン日本興亜の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓