【22卒】合格エントリーシート 大阪ガス 居合道部

Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?
創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身が取った行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)

タイトル:自他共に、高みを目指して

私が学生生活に力を入れたことは、体育会居合道部の活動です。特に技術向上面、組織運営面の二面において注力しました。

技術面では、自身の課題解決のために週六回、約三時間の練習を継続しました。量をこなすだけでなく、自分の課題を明確にして対策方法を考え、期間を定めて集中的に取り組みました。感染症流行によって練習場所を失ったときは、自宅で工夫してトレーニングや稽古を重ね、稽古を継続しました。その結果、昨年度と比較して体力・集中力・技術力が向上し、より良い演武が出来るようになりました。

組織運営面では、部のためになるアイデアを多数発案するという方法で部に貢献しようと取り組みました。特に感染症流行で活動停止になった際は、自宅で出来る居合の稽古方法を企画、提案しました。

また、自宅での班別練習の班長として、積極的に部員の課題解決の補助を行いました。これらの企画や発案によって、一時は活動意欲を失いかけていた部員が、「練習が楽しい」と言って生き生きと活動するようになりました。

私はこれらのことから、熱意をもって取り組みを継続すれば、どんな環境であっても自他共に成長することが出来るということを学びました。

Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか?(成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。

【設問1】小・中学校(200文字以内)

私は中学時代に所属した吹奏楽部で、「団体で目標に向けて熱意を燃やす」という経験に大きな影響を受けました。

楽器の魅力に惹かれて入部した吹奏楽部は、80人を超える大人数の団体で、コンクールの県大会出場に向けて取り組んでいました。毎日必死に練習し、合奏で皆の努力が上手く合わさる瞬間の感動は、この時初めて経験したものでした。私はこの経験から、多くの人の努力が結集は、心を動かすものになることを学びました。

【設問2】高校時代(200文字以内)

高校時代では、古文の作品との出会いに大きな影響を受けました。

以前は、平安時代への関心は人並み程度のものでした。しかし、高校の図書館で平安時代の作品である『落窪物語』に出会ったことから、私は平安時代の人々に強い興味を持つようになりました。特に、物語を超えた平安時代の人々のリアルな様子を知りたいと強く思うようになりました。この出会いは、現在の日本史学・平安時代の研究への想いに大きな影響を与えています。

【設問3】大学時代(200文字以内)

大学時代では、居合道との出会いが私に大きな影響を与えています。

居合道は日本刀を扱う歴史ある武道で、過去から受け継がれた「型」を真似するところから稽古が始まります。稽古を重ねることで上達はしますが、「型」を習得することは難しく、稽古を通して自分の弱点を強く自覚することになりました。身体共に思うようにならないことが多くても、焦らず、地道に努力を重ねることの重要性を日々学んでいます。

Q. あなたらしさを表す写真についてご記入ください(100文字以内)

普段は笑い上戸でテンションが高く、饒舌な私ですが、稽古の時は笑顔を納め、黙々と真剣に取り組みます。集中を途切れさせず、出来るだけ動きの細かな部分にも意識できるように心がけています。

## 大阪ガスの合格エントリーシート一覧を見る
## ガス系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## 居合道部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓