【20卒】合格エントリーシート アサヒビール サッカー

Q. あなたがアサヒビールに入社したい理由と、実現したい夢を教えてください。(700文字以内)

最前線に立つ営業マンとして、お酒を通じて人々の笑顔を提供し続ける存在でありたい。

これから先、スマートフォンの普及や単身世帯の増加により、これまで以上に他者と接する機会が少なくなるのではないかと考える。このような問題から、他者と関わることで生まれる「笑顔」が少なくなると感じた。

しかし、お酒がもつ魅力を更に拡大していくことでそのような問題を解決していくことができる考える。なぜなら、お酒は人と人とを繋ぐコミュニケーションツールの1つであり、私自身がお酒の力で笑顔を取り戻したという経験があるからだ。

私は250名以上在籍するサッカー部に所属しているため、簡単には試合に出場できない状況であった。試合に出場する為に試行錯誤を行なったが、なかなかメンバーに選ばれず、絶望から1人でふさぎ込んでしまっていた。

そんな私に同期が「気晴らしに飲みに行こう」と声をかけてくれた。私はお酒の力でもあり、1人で抱えていたものを全て吐き出すことができ、気持ちが楽になった。この機会は、私に笑顔が戻り、頑張るきっかけとなった。

このような経験から、お酒を通じて人々の笑顔を提供し続ける存在でありたいと強く思う。このような姿を実現する為には、高い挑戦心を持って新たな市場を開拓し続けている貴社でしかあり得ないと考えた。

貴社はノンアルコールビールでありながら、ビールの味を忠実に再現したドライゼロを開発するなど新たな市場を切り拓いてきた実績がある。若者のビール離れが進んでいる時代背景においても顧客のニーズに対応し、挑戦し続けることで人々に笑顔を提供することができると感じた。このような環境で挑戦し続け、「笑顔溢れる社会」の実現に貢献していきたい。

Q. チームで困難なことに直面したエピソードとそこから学んだことを教えてください。(700文字以内)

体育会サッカー部の学年を越えた関係性に問題があった。入部当初、学年を越えてコミュニケーションをとることはほとんどなく、同期だけで良い関係を築けばいいという風潮があった。チームとして「全員サッカーで日本一」という目標を掲げているにも関わらず、そういった関係性で良いのかという疑問が自分の中にあり、体育会サッカー部の学年を越えた関係性を変えることを決意した。

そして、私は2つのことに取り組んだ。1つ目は、自分から積極的に後輩に話しかけることである。私が先頭に立って学年の壁を壊すことを心掛けた。そして、自分一人が後輩とコミュニケーションを取るのではなく周りを巻き込んでコミュニケーションを取った。しかし、練習時間の関係やカテゴリーの違いなどで顔を合わす人が限られるという問題に直面した。

そこで、2つ目に取り組んだことは「ファミリー制度」(学年を越えた小規模の集団を作り、交流の場・機会を与え、食事や娯楽などを通して深い関係を築く制度)の企画・導入である。初めは成果が上がらず、ファミリーで食事に行くとき以外は会話することが少なかった。

また、自分のファミリー以外の人と話すこともほとんどなかった。しかし、回数を重ね、ミニゲーム大会や運動会などのイベントを行うことで、現在は学年関係なく会話の量が増え、チームとして一体感が生まれた。

この経験から問題点に目を背けず、課題解決のために自ら主体的に考え行動することの大切さを学んだ。これからも、何事にも逃げずに立ち向かい、最強のチャレンジャーというポリシーを念頭におき、成長し続けたい。

## アサヒビールの合格エントリーシート一覧を見る
## ビールメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓