【22卒】合格エントリーシート 富士フイルム ウィンドサーフィン

Q. 長所(100文字以内)

1. 掲げた目標に対して妥協せずに粘り強く立ち向かい、達成できるところ
2. 新しいことにどんどん挑戦できるところ
3. 異なる価値観を持つ人の考えていることを理解できるところ

Q. 短所(100文字以内)

1. 他人と自分を比較してしまうところ
2. 優柔不断で、意思決定に時間がかかることがあること
3. 時に真面目すぎるところ

Q. 大学及び大学院時代で、一番力を入れて取り組んだことは何ですか?その取り組んだ内容について、どのような「想い」を持って取り組んだか、その想いの実現に向けてどのように行動したかや、取り組みの結果を踏まえて、お書きください。(400文字以内)

部活のチーム力向上に尽力した。私は自分が1年生の時も副将になった今でも、「自身の競技に対する姿勢と積極的なコミュニケーションでチームを引っ張ること」を心掛けている。自分の行動や態度で向上心を持って練習できる部活の雰囲気を作りたいという想いがあったからだ。

私はまず、自身の実力をつけ部の模範となるために積極的に強豪他大学との合同練習に参加した。練習の結果、全国大会で7位を獲得することができ、部のモチベーションアップに貢献できたと考えている。

また、強みである傾聴力を活かし、積極的に部員とコミュニケーションを取った。部員をよく観察して話を聞き、悩みの解決方法を共に考えた。このような取り組みの結果チーム力が向上し、2020年度全日本インカレ個人戦において●●大学史上最多の13人が出場を果たした。

この経験から、自身の競技に対する姿勢と部員とのコミュニケーションでチームの向上心を高められることを学んだ。

Q. 今までに直面した一番大きな困難は何ですか?その困難をどのように乗り越えたかや、その経験を通して何を学んだかを踏まえてお書きください。(400文字以内)

大学で人生初の体育会運動部に入部し、危険を伴う競技への恐怖心に立ち向かうという困難を経験した。

高校での留学経験から、厳しい環境に自分を置くことで成長できると確信していた私は、大学で体育会ウィンドサーフィン 部に入部。海上での体感スピードが時速100kmにもなる、危険と隣り合わせの大海原で週5回練習していた。

はじめは冬の海に何度も体を放り出され、荒れた海に身一つで乗り出していく恐怖に打ち勝つことが出来なかった。しかし、やるからには自分の成長を自他共に認められたいと考えた結果、当時のエースに一対一の練習を申し入れ、同じ間違いを繰り返さないように練習に取り組んだ。

また、強豪他大学との合同練習にも積極的に参加して、先輩に教わったことを1年間で12冊にもなるノートに書き留めた。厳しい練習も諦めずに継続した結果、全国大会で7位を獲得した。

この経験から「どんな逆境でも自分ならできる」という強い自信を得た。

Q. あなたにとって、仕事とは何ですか? あなた自身が大切にしている価値観などを踏まえて、お書きください。(400文字以内)

私にとって仕事とは「恩送り」の場だ。恩送りとは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることだ。

今までの21年間の人生は、両親からの金銭的・精神的支援をはじめ、大人たちが作り上げてきたモノやサービスをひたすら消費する立場だった。就職活動を経て、自らの恵まれた人生は日本の社会と、それを作り上げた大人たちの努力によって支えられていたことに気付いた。そのことに対して自然と感謝の気持ちが強まった。

私はこれから社会人になっていくが、自分が受けた恩恵を社会と次世代の人々に還元する「恩送り」をしたい。そのためには、彼らに価値提供をする必要がある。私の強みである「目標達成力」「挑戦心」「異文化理解力」を生かして、日本だけでなく世界中に恩送りをしたい。そして次世代の人々が、将来同じことを想い、恩送りの連鎖をすることで、より良い未来に繋がると考えている。

## 富士フイルムの合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## ウィンドサーフィン部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓