【19卒】合格エントリーシート 京セラ 硬式野球

Q. 弊社への応募の「きっかけ」を踏まえて、志望理由を教えてください。(400文字以内)

きっかけは、貴社のスタートアップセミナーに参加した際に、実践させていただいたアメーバ経営が非常に魅力的だと感じたからです。

私は世界の暮らしや生活環境に大きな影響を与えるモノづくりに携わりたいと考えています。また、幼いころから野球を続けてきた経験から、チームで協力して成果を出すことにやりがいを感じ、チームワークが求められる仕事がしたいと考えています。

そんな中、貴社は事業を多角化されていて、幅広い領域でグローバル展開し、社会に貢献されています。また、独自の経営手法であるアメーバ経営により、全従業員が参画する「全員参加経営」をされています。これらに関心を持ち、貴社ならば私の軸に当てはまると思い、志望致しました。

貴社の高い技術力やこれまで積み重ねてこられたノウハウを携えて、最前線でモノづくりの仕事自体を生み出す役割を担う営業として、今後の社会を開拓していくことに貢献したいと考えています。

Q. 学生時代に力を入れたことについて教えてください。(400文字以内)

13年間続けてきた野球です。

大学では硬式野球部に入部し、全国の強豪校から150人もの選手が集まる非常にレベルの高い環境で鍛錬してきました。私はその中で「試合メンバーに選ばれて勝利に貢献する」という目標を掲げました。結果を出し、アピールするために何ができるのかを日々試行錯誤しました。

私は何かに特化した選手になれば、試合メンバーに選ばれる可能性が高いと考え、私の強みである打撃力を強化し、誰にも負けない武器を作ることに専念しました。4時間の全体練習以外に毎日1時間自主的に球を打ち込み、長打力をつけるためにウエイトトレーニングも欠かさず行いました。

ですが、なかなか結果が出ず、間違ったことをしているのではないかと挫折することもありました。しかし、自分を信じて粘り強く努力した結果、チーム内で首位打者を獲得し、試合メンバーに選ばれました。

この経験から目標に向かって貪欲に努力する精神力と継続力を身に着けました。

Q. あなたにとって1番の試練・挫折は何でしたか。また、それをどのように乗り越えたかを具体的に教えてください。(400文字以内)

大学の野球部での経験です。高校までは、常に試合に出場することができていましたが、大学では試合に出ることができず、スタンドから観戦しかできなかったので、チームの外にいるように感じていました。

実力としてチームの力になれていない「悔しさと歯がゆさ」を味わい、チームに必要とされていないように感じ、自分の存在価値を見失っていました。

そんな時、何かチームの役に立ちたいと考え、チームが最近勝てておらず、雰囲気が悪くなっていることに気づき、それ以降、士気や雰囲気を良い方向に傾ける事ができるように、発言や行動を心がけようと考えました。そして、状況に応じたムードを作り出せる「ムードメーカー」になり、発言や行動で士気を鼓舞し、一体感を持たせるようにしました。

その結果チームに活気が生まれました。試合に出ることが全てではなく、チームに貢献する方法はたくさんあり、それを行うことこそがチームプレーだと学びました。

Q. あなたと京セラの考え方の共通点を、上記経験を踏まえて具体的に教えてください。(400文字以内)

コツコツと努力を積み重ね、どのように周囲に貢献していくか常に考え、チャレンジしていく姿勢が私と貴社の共通点だと考えます。

私は学生時代に熱中し野球を通して、自分の決めたことを信じ、粘り強く泥臭く努力し続けたことで「試合メンバーに選ばれて勝利に貢献する」という目標を達成することができました。

また、チームワークを大切にし、チームのためにできることを考え、主体的に行動し、下から支えてきました。

一方、貴社は「いつかは京都一、日本一、世界一の会社になる」という高い目標を掲げ、小さな町工場から地道に努力し続けてこられています。そして、誰もできないことや、やらないことへ挑戦し、様々な製品を世に送り出すことで世界におおきな影響を与えておられます。これが貴社の根本となっているように、この考え方は私の軸となっています。

自分を信じ、チャレンジを続け、努力を積み重ねると自分の成長に大きく繋がると考えています。

Q. コンテンツ「フロンティアスピリッツで、マーケットを拓く」をご覧になり、あなたが最も印象に残った「エピソード」を1~4より選択してください。また、「その理由」を教えてください。(400文字以内)

選択したエピソード:エピソード1 LED用セラミックパッケージ

「技術者と一体になって世界トップシェアに挑む」という見出しに惹かれました。また、環境商品としてこれからもまだまだ需要が高まるであろうLEDに関心があったので選択しました。

その中でも、提案型営業という点が印象的でした。日ごろから製造現場の技術者らと交流を深め、情報を共有し、信頼関係を作り、チームで協力して成果を出そうとされていたのがとても魅力的だと感じました。

また、セラミックパッケージを使わない会社に対して、引き下がらず、粘り強くセラミックスの利点を売り込み続け、量産ビジネスの構築に成功したエピソードが最も心に残りました。一人の力では限界があるけど、全員の力を束ねることによって大きな可能性を作り出すことと、諦めずに最後まで泥臭く目標を追い続ければ、時間はかかったとしても達成できるということをこのエピソードから学びました。

私も営業をする際には、チームワークを大切にし、諦めずにやりきりたいです。

## 京セラの合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓