【22卒】合格エントリーシート キッコーマン ラクロス

Q. これまでにやり遂げたこと、達成感を得られた経験・事実をふまえて自己PRしてください。(600文字以内)

私の強みは、イノシシのような「不利な状況でも、燃え上がる」負けず嫌いだ。イノシシは身体が小さくても、それ以上の力を発揮することができる生き物である。

1. 猟犬にも勝つ走る力
2. 自分の行動を掴まれないように行動する
3. 70kgのものを押し上げる

私は部員が100人を超えるラクロス部で率先して新しい戦術の実現に注力した。

Bチームの私達は、毎年優勝校が変わる群雄割拠の中、「関西制覇」の連覇を目標に掲げていた。しかし1ゲームの失点数が平均よりも多い状況にぶつかり、従来の戦術では勝てないと痛感した。そのため、新しい戦術を取り入れる必要性を同期や先輩に訴えたが、当時は受け入れてもらえなかった。

人一倍努力しスタメンを勝ち取った負けず嫌いで熱い性格の私は、勝利にも貪欲であった。諦めたら勝てないと思い、次の2点を2ヶ月実行した。1. 練習メニューの追加、2. 毎日反省点と意識点をグループ内で共有。自分が率先して行動に移し、練習内容を変えることに後ろ向きな部員を鼓舞した。また背中で見せたことで、最後までやり切ろうとする姿勢が周りにも伝わり理解者が増えていった。

チームで新戦術習得に向けて必死に練習し、結果、決勝戦で無失点に成功し、関西制覇を成し遂げた。

今後もイノシシのように、「不利な状況でも燃え上がる」負けず嫌いを活かし、チームで協働しながら高め合い、豊かな生活の実現に貢献していきたい。

Q. キッコーマンに入社して、「挑戦したい仕事」を具体的に教えてください。(500文字以内)

私は海外でマネジメントにチャレンジし、現地社員の生活を潤したい。

インドネシアに住んでいたことがあり、現地のサッカーチームで唯一日本人の中でキャプテンを務めていた。そこで国籍・価値観の違う人々と目的を共有し、チームとして自身が引っ張っていくことにやりがいを感じた。

このグローバルなチーム作りを、社会という成果の求められる現場でもやってみたいと考えるようになった。スポーツ以外でのマネジメントはやったことがないが、負けず嫌いを活かし誰よりも早く能力を身につけ発揮していきたい。

身に付けたマネジメント能力を活かし、東南アジアで様々なプロジェクトリーダーとして進めていくつもりだ。なぜなら、そこで自分の能力を活かせると考えているからだ。

インドネシアでサッカーをやっていた際に、人々が積極的であった印象があり、長所である「不利な状況ほど燃え上がる」負けず嫌いな性格に合っていた。ハングリーな人々のなかで、もまれながら会社に貢献し、社会に信頼をもたらしたい。そこで利益を出すことで、ローカルスタッフの給料を少しでも上げ、彼らの生活を潤したい。それにより、世界をより豊かにしていくことができると考えた。

Q. あなたを表す5つの要素、及びそれぞれの要素が占める割合(5つの要素合計で100%)を教えてください。合わせて、その理由を教えてください。

1. どんな時も話好き(20%)

部活動で、話すことの重要性を学んだからだ。常にオンとオフの状態でも話すことを意識している。そうすれば、必然と話しをすることが好きになった。

2. 挑戦し続ける好奇心(15%)

ラクロスに挑戦したからだ。それまでサッカーに力を注いでいたが、好奇心が出たことによって、挑戦しようと至った。また好奇心があることで、チャレンジ精神を養うことができた。

3. 切り替えられるストレス耐性(10%)

幼稚園から行ってきたスポーツを通して、耐性ができたからだ。スポーツは毎回くよくよしても進化はない。そのため、新しい方法や切り替えをしており、落ち込みすぎることは無くなった。

4. 上昇志向な負けず嫌い(30%)

これは私の強みでもあり、自分の弟が原点で養われた。常に弟には負けたくないと思いながら育ったため、新たなライバルが出現しても、負けず嫌い精神は変わっていない。

5. チームワーク(25%)

幼少期から常にチームスポーツを行なってきたからだ。そのため、1人で勝利を目指すよりも、チームで勝つことで達成感を味わうことができると学んだ。そのためチームワークは抜群だ。

Q. 国内において、しょうゆを質的・量的に伸ばすための、あなたならではのアイデア・方策を教えてください。また、なぜそのアイデア・方策であれば伸ばすことができるのか、理由も教えてください。

【設問1】質的に伸ばすためのアイデア・方策。(150文字以内)

健康醤油にすることだ。

世間的に「醤油=不健康」のイメージがある。そのため、サラダや料理に毎日合わせて摂取をしても、健康生活を続けられる調味料の存在が重要だと考えた。原材料から見直し、安心安全であることをアピールすれば、付加価値は上がるだろうと考えた。

【設問2】量的に伸ばすためのアイデア・方策。(150文字以内)

何かと一緒に買ったら良い相乗効果が出るようにすれば、販売量が上がると考える。例えば、サラダと一緒に買うことで、健康になれたり、美味しさがよりアップしたり、意外な組み合わせが美味しかったりなどをアピールする。

さらに販売量に特化するならば、一人前用の醤油を販売すれば販売量も上がるだろう。

## キッコーマンの合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## ラクロス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓