【18卒】合格エントリーシート 塩野義製薬 剣道

Q. 学生時代頑張ったこと(400字以内)

私は体育会52団体1,546人を統括する体育会本部の委員長を務め、体育会の発展に尽力しました。最も熱心に取り組んだことは”スポーツ応援ツアー”の参加者を増加させることです。

“スポーツ応援ツアー”とは、普段、一般学生は体育会の活躍を知る機会がないので、ツアーを行うことで体育会の活躍を知ってもらい、試合会場での観戦を通じて参加者に元気や感動を与え、体育会に対する興味・関心を多くの学生に持ってもらうことが目的です。

参加者を増やすため、目玉として応援グッズの作成を考えました。応援グッズの作成費用は大学のプレゼンテーション大会で優勝することで50万円の予算を調達しました。また等身大ポスターを作成し”応援ツアー“の文字が学生の目に自然と入るように告知を行ったり、大学と協力し試合会場までのバスを手配なども行いました。

その結果、前回の参加者数157名を大きく上回る823名にまで増やすことに成功しました。

Q. 自己PR(400字以内)

私は「●●(大学名)の栗山英樹」と言われるように目指していました。栗山英樹さんは選手一人一人と向き合い、個々人の個性を尊重し、伸ばすことで北海道日本ハムファイターズを優勝に導きました。

私は中学、高校、大学と剣道部で心身ともに鍛え、チームメイト一人一人と向き合い先輩、後輩に関わらず学ぶ姿勢を忘れず努力し続けることで中学、高校と主将を任されチームを牽引してきました。

大学では多くの人をサポートしたいという思いから体育会本部に入部し委員長として各クラブと真摯に向き合い、環境の整備に努めました。その結果、新たなクラブが立ち上がったり、全国大会でも好成績を収めるクラブが増えるなど、体育会の活性化に寄与することができました。自分の考え、取り組みに自信を持てた経験となっています。

社会に出ても常に向上心持ち、取引先やお客様など関係者の方々と真摯に向き合うことでより良い提案を行い、貴社に貢献します。

Q. 志望動機(400字以内)

私がこの業界を志望致しました理由は二つあります。

一つ目は、体育会本部の経験から「多くの人を支えられる仕事がしたい」と考えたからです。二つ目は、MRとして医薬品の情報伝達を行うことで直接的に人々の生活や命に貢献することに魅力を感じたからです。

そのため、企業選びの軸は、患者さんを第一に考えた「患者さんのための医療」という企業理念を掲げ社員の方々全員がそれに向かって取り組んでいるかどうかを重視しています。

中でも貴社を志望する理由は「人々の健康を守るために必要な最も良い薬を提供する」という点に強く惹かれたからです。また現代の高齢社会における医療ニーズを見据え感染症、疼痛という今後重要となってくる事業領域に注力することで社会に貢献されております。人々の健康を守るために、日々進化し続ける貴社の一員として、ともに人々のために進化したいと思い志望致しました。

Q. 学業・ゼミ・研究室などで取り組んだ内容(400字以内)

ゼミでは財政学を中心に勉強し、日本の財政再建をテーマに研究をしています。

財政再建のためには財源の確保が必要であり、税収を増やすことが必要です。税収を増やすにあたっては、国民の税負担に対する痛み、すなわち痛税感の緩和が必要であると考えます。

そこで低所得者、高所得者に分けた所得税制度を考えました。まずは低所得者の所得税率を低くし低所得者の税負担を軽減します。一方、高所得者は税負担と年金制度とをリンクさせ、高い所得税率により所得税の負担が大きくなる分貰える年金が増えるという制度を作ります。

この制度により、低所得者は税負担を軽減でき、高所得者は年金制度で優遇されるのでより働いて稼ごうとする労働意欲が高まります。痛税感が緩和され、労働意欲の向上により経済が活性化すれば、税収が増え財政再建がなされるのではないかと考え、そのことを実証すべく現在研究を続けています。

## 塩野義製薬の合格エントリーシート一覧を見る
## 製薬メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 剣道部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓