【22卒】合格エントリーシート 伊藤忠商事 バスケットボール

Q. あなたが大学入学以降、チームで取り組み成果を上げた経験について教えてください。(30文字以内)

女子バスケ部として4年生の引退試合を勝利で終えられたこと。

Q. その取り組みを行うことになった背景や目的を教えてください。(200文字以内)

コロナでリーグ戦が中止になり、当初の「関西リーグ3部昇格」の目標が達成できなくなった。無観客で行なった交流戦の引退試合の相手は昨年入れ替え戦で負けた因縁の相手だった為、絶対に勝って、目標を達成する場を失った先輩に有終の美を飾らせたかった。リーグ戦だけでなく、全ての定期戦や大会がなくなり、唯一開催できた大会だった為、思い入れも大きかった。

Q. その取り組みを行う際にチームやあなた個人が定めた目標を教えてください。(200文字以内)

チームとしては、自分たちの強みである息のあった連携を発揮し、また集大成の試合として、より多くのベンチメンバーを出場させて勝つことが目標だった。

個人としては、先発の司令塔として、できるだけ多くの得点機会を作り、前半で大量リードを奪うことを目標にしていた。そのために、日頃の練習からリーダーシップを発揮しチーム全体を盛り上げること、コミュニケーションを活性化させることを課題として取り組んでいた。

Q. その取り組みを行う過程でどのような課題があり、解決のためにどんなアクションを行ったかを教えてください。(300文字以内)

練習時間が限られていたため、戦術の共有が不十分で、チームの持ち味だった連携プレーに不安があった。経験の浅い1年生も先発に入る中、チーム力の底上げが課題だと考え、私は中間学年であることを生かして積極的にパイプ役を務めた。

4年生や監督の指示は全体への指示が主だったため、私は戦術の意図を正しく理解した上で、1年生には個人的に毎練習後に戦術の理解ができているか確認を取り、その都度疑問を解消した。その際、型にこだわりすぎないよう、動きだけでなく目的から説明することを心掛けた。

また昨シーズンのビデオを見せて説明することで、各選手の癖や得意なプレイを共有し、試合に向けてイメージを持たせる工夫をした。

Q. その取り組みの結果を教えてください。(100文字以内)

1試合を通じて十分にチームの強みを発揮し、個人の持ち味も要所で出すことができた。また最終ピリオドには先輩6人全員の出場機会を作ることができ、集大成の試合として良い形で終えることができた。

## 伊藤忠商事の合格エントリーシート一覧を見る
## 総合商社の合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓