【18卒】合格エントリーシート 三菱UFJ信託銀行 弓道

Q. 自覚している長所を一言で表現してください。(20文字以内)

不安を抱えている人のために尽力する点。

Q. 自覚している短所を一言で表現してください。(20文字以内)

他者に対し自分の弱みを見せられない点。

Q. 上記「長所」と「短所」それぞれ自覚する理由を客観的な行動事実に基づいて説明してください。 (200文字以内)

大学1年次から4年間、宮城県仮設住宅での傾聴ボランティアに3回、被災児童へ学習支援を行う「●●」に毎月1回参加しています。原動力は、東日本大震災が発災した中学3年次から抱える「力になりたい」という思いです。

一方、頼られる存在でありたいとの思いから、他者に自分の弱みを見せることが不得意です。部活動において、こまめに他者を頼れず故障に繋がってしまった経験があります。

Q. これまであなたが、最も力を入れて取り組んできたことを簡潔に記入してください。(50文字以内)

体育会弓道部の活動です。大学3年次に「故障者0」を目標に、「チーム指導制」を提案・導入しました。

Q. 上記の質問に関して、苦労した点と、どのようにしてそれを乗り越えたか、また創意工夫した点を記入してください。(500文字以内)

部員21人を学年縦割り3チームに分け、約8か月のシーズン中チーム内で指導しあう「チーム指導制」を導入するうえで、意見調整に苦労しました。

射技指導において、1年生には付きっきりで教えるが2年生以上は自ら見て学べ、という文化が根付いていたからです。特に高校弓道経験者から、チーム固定により指導が偏るのではないか、という懸念が挙がりました。

そこでまず、練習毎の10分休憩に初心者・経験者・留学生の各立場から意見を聞きメリット・デメリットを再確認し、次に、懸念点払拭のためチームリーダー定例会議とチーム戦の開催を追加し再提案しました。その結果、部員の納得感を醸成したうえで導入でき、シーズンを通して故障者0を達成できました。

また、チーム内で下級生が上級生に指導しやすい空気をつくるため、以下2点の工夫をしました。第一に、予め下級生に客観的に確認してほしい部分を伝えてからフォームを見てもらうこと、第二に、もらった指導を実践した感想を伝えること、です。

自分の指導は見当違いではないかという不安が、下級生が上級生への指導を躊躇する一因であると考えたからです。これらの結果、徐々に学年の壁を越えた指導が活発化しました。

Q. 就職活動においてもっとも印象に残った当社の広報媒体とその理由について記入してください。(300文字以内)

・ブログ100
毎日ブログを読むことが不安の多い就職活動中の支えになっていたからです。学生への思いやりに溢れた文章に社員の方々のお人柄を感じ、支店訪問コラムから業務へのイメージを膨らませておりました。

・女性の働き方を考えるセミナー
「Challenge for the future」には、女性の勤続年数は長いが、成長意識が欠けていることへの問題意識がある、とのお話を伺い、会社として女性社員へ求める姿勢を知れたからです。

Q. 就職する企業を選ぶ際に、あなたが大切にしていることを記入してください。(400文字以内)

私は、「人々の夢の実現を土台から支える、頼れるパートナーとして働きたい」という思いがあります。部活動や家庭教師、ボランティア経験から、誰かの不安を解消し、挑戦を応援することにやりがいを感じたからです。

上記の思いを叶えるため、以下3点を大切にし企業を選んでいます。第一に、モノありきでなくお客様ありきの提案型営業ができること、です。目の前のお客様にとっての最良を追求し、その過程での自分の働きが商品価値の一部となる働き方がしたいです。

第二に、専門知識やスキルを身につけられること、です。これまでも、自分の武器が欲しくて高校にて●●部を選び、より個の力を高める世界に惹かれ大学で弓道を始めました。

第三に、長く働き続けられる環境であること、です。ライフイベントを経ても働き続けられるよう、多様なキャリアパスが認められていること、仕事に誇りを持って働いている社員の方が多くいらっしゃることを重視しています。

## 三菱UFJ信託銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 弓道部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓