【22卒】合格エントリーシート 三井住友海上火災(エリア総合職) 陸上競技

Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。(400文字以内)

大学の部活動のレベルの高さを痛感しましたが、部員から陸上に対する取り組み方を吸収し、記録を更新したことです。

中高時代には、私立高校の選手が多い県大会決勝まで進んでいました。しかし、大学の部活にはスポーツ推薦の部員が多く、私の実力では大会に出場できません。そのため部員の成果を喜ぶことができず、陸上に対するやる気がなくなりました。しかし、モチベーションが下がった私に部員が寄り添ってくれたため、実力を上げチームに恩返しや貢献したいと感じました。

陸上歴10年ですが、部員から練習の立て方・フォームや補強を学び直しました。今まで信じてきた練習を変えることに抵抗はありましたが、成果を出してきた部員を信じました。分かるまで質問し、繰り返し実践することで自分のものにしました。その結果、記録を更新し部員も喜んでくれました。

この経験から、環境が変化しても周囲の意見を取り入れ目標を達成できると学びました。

Q. 現状をより良くするために自ら考え、行動した経験を教えてください。(400文字以内)

クライアント企業様に対して、各班でプランを立て発表を行う授業において、意識の低い班員を巻き込んだことです。

良い提案を作るために全員で活発に議論することが大切と考えていた私は、班員の一人が協力的でないことに問題意識を感じていました。そこで、関係構築、役割分担、計画的推進の三点に注力しました。

まずは、その班員と一対一での「関係構築」を試み、肯定的なリアクションや授業外の雑談を通して遠慮せず話せるよう努めました。次に、明確な「役割分担」を行うことを提案して班員の責任感向上を図り、進捗の共有を徹底しました。最後に、期日から逆算して優先順位を立て、適宜話し合いながらタスクを分担する「計画的推進」を行いました。

すると徐々に団結力が高まり、最終的には非協力的だった班員自らがプレゼンターを担当し、約30名の前で発表を務めてくれました。この経験から、周囲を巻き込む姿勢や働きかけを行う大切さを学びました。

Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。(300文字以内)

私の目指す社会人像は、「お客様に寄り添い、豊かな人生に大きく貢献できる存在」になることです。

私は、所属していた陸上部内で対立が起きた際、副部長として各部員の声に耳を傾け、要因を探るよう努めました。そして問題意識を共有し、部長と部員の橋渡し役として意思調整を行いました。この働きかけを通して、部内の士気が徐々に向上し、駅伝大会で目標順位を達成できました。この経験から、相手の感情や考えに向き合い、良い方向へ後押しする力を学びました。

貴社ならではの幅広い顧客基盤の中で、一人一人のお客様を深く理解しようと努め、ニーズに合致する最適な提案を行い、その後の人生に大きなプラスの影響を与える存在になりたいです。

## 三井住友海上火災保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓