トヨタ自動車 合格ES 04

Q. 大学で専攻しているテーマ及びその内容について教えてください。

企業が事業を行うためにどのように資金を調達し、どのような事業に投資を行い、どのように回収して利益配分を行うのかという経営の流れを企業価値という概念を通して研究します。

その中で、関西証券業協会学生連盟ディベート大会への参加や、企業価値算定プロジェクト、グループ研究などを行います。グループ研究では社名変更にはシグナリング効果があり、それによって株価が上昇することを実証しました。

Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んできたことについて教えてください。

私は、本学トップブランドの●●教授の研究室でコーポレートファイナンスを専攻しています。ゼミでは数多くのプロジェクトが進められますが、特に企業価値算定プロジェクトは自分にとって大きな自信となりました。

MBAでも使用されている教科書を用いてファイナンス理論を学んだ上で、データ収集と分析手法を体得し、実際の企業を訪問してインタビューを行います。分析対象企業と同業他社の過去10年間の財務データを分析し、インタビューや施設見学を重ね、それによって得られた定性情報を元に将来5年間の予測財務諸表を作成、半年以上を費やし、最終的に理論株価を算定して当該企業の経営陣にプレゼンします。

この過程で、企業のIR部門のみでなく、データ専門企業やアナリストからもレクチャーを受けるなど多くの経験をします。ゼミではチームワークの大切さを学ぶとともに数値や理論だけでは説明不可能な現実の企業経営の奥深さを痛感しました。

Q. 大学時代にチームを巻き込んで成果を出したエピソードを教えてください。

関西の全20チームが参加する新人戦で、例年の予選落ちという結果を覆し、大学史上初の優勝を成し遂げました。例年の原因を分析すると課題は多くありましたが、その中でも新入生が正しいフォームでプレーできていないことが最も優先度の高い課題だと考えました。

しかし私のチームには正しいフォームの知識がなく、私は自らの練習の傍ら、他の育成コーチと何度もミーティングを重ね、正しいフォームとは何かを探りました。そして、自分たちなりに考えたポイントを、新入生を指導する上回生全員に浸透させ、新入生が正しいフォームでプレーできるように努めました。

この取り組みも一因となり新人戦優勝という目標を達成したことから、答えのわからないフォーム改善という取り組みの有効性が多少なりとも実証されました。この経験から、正解のわからない取り組みもリーダーが自信を持ち、根気強くメンバーに働きかけることで成功するという学びと自信を得ました。

Q. トヨタの志望理由とやりたい仕事について教えてください。

貴社を志望する理由は、主役として経営に深く携わり世界を舞台に働きたいからです。

これまで、多くの企業の経営に近いところで働きたいという理由から金融業界を志望していましたが、金融はあくまで産業の脇役で経営の中心を担うことはできないことに違和感を覚える部分がありました。

そうした中で、貴社の社員の方々とお話し、自動車業界の雄として多くの企業と関わりながら主役として活躍する面白さに強く惹かれました。また、私は学生時代チームのリーダーとして自らの行動でチームを引っ張ってきたため、トップメーカーとして自社との戦いをし続けている貴社でこそ活躍できると考えています。

大学でコーポレートファイナンスを専攻し、経営をお金の面から見ることに非常に興味を持っているため、貴社では経理部、財務部を中心にキャリアを積み、将来的にはCFOになり経営の中核を担う存在として活躍したいと考えています。

Q. 身近な人から、あなたはどのような人だと言われますか。またそのように言われる理由を具体的に教えてください。

【設問1】どのような人だと言われるか

変わったことを言い、それを実際にやってしまう人。

【設問2】そのように言われる理由

固定観念や習慣に捉われず、本質は何かを見極め行動するからです。

部活動で、例年授業で夕方に練習できない一年生が多いにもかかわらず、グラウンドが狭いために一年生は夕方、上級生は早朝に練習をする習慣がありました。しかし練習時間の確保が重要だと考え、グラウンドを新たに借りることでこの問題を解決しました。

## トヨタ自動車の合格ES一覧を見る
## 自動車 / 自動車部品メーカーの合格ES一覧を見る
## 全ての合格ESを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓