【22卒】合格エントリーシート 近鉄グループホールディングス 準硬式野球

Q. あなたが当社を志望した理由と、近鉄グループで挑戦してみたいことを記入してください。(450文字以内)

人々の生活を支え「あたりまえ」を守り、より豊かな暮らしを提供したいと考えインフラ業界を志望する。なかでも多角的に豊かな生活を目指す貴社に魅力を感じた。

大阪北部地震を電車の中で経験し感じたことは「あたりまえ」の重要性である。そこで私は、生まれ育った関西の活性化に貢献したい。より多くの人が関西に来たいと思うような取り組みを行い、社会貢献と共に、近鉄グループの活性化を行うことで「いつも以上」を創りたいと考えている。

そこで入社後はMaaS事業に取り組みたいと考えている。携帯ひとつで公共交通機関やホテル、料金などITを用いてシームレスに結びつけることで、より効率的に便利に暮らす事が可能になるからだ。都心部から離れた沿線の中核都市においても高サービスの提供が可能になり、地域活性化に貢献できる。

また、ユーザーの利用データを取得できるため、お客様が一番必要としているニーズに合わせたサービスを自由に提供でき、それに沿ったニューノーマルな提案ができると考える。

Q. 当社に入社した場合どのような社員になりたいか、将来の姿をイメージして記入してください。(300文字以内)

私が貴社に入社した場合、「誰よりも頼りにされ、どんな要望にも応える事ができる社会人」になりたいと考えている。そのためには、日々のあたりまえの生活を支え、人々との信頼関係を構築する必要がある。

それを実現させるために、入社後はさまざまな分野の仕事に関わる必要がある。そして最終的にはさまざまな分野のスキルを活かし、経営戦略部で活躍したい。

お客様のために貢献することはもちろん、近鉄グループの社員のためにも貢献することで、よりチーム一丸となって「いつも」を支え、「いつも以上」を作る事ができると考えている。

そのために、私は持ち前の明るさと部活動で培った「関係構築力」「一人一人向き合う熱量」を活かし、一人一人真心を込めた対応を心がける。

Q. 長所、特技、他の人に負けないことなど、あなた自身を自由にPRしてください。(450文字以内)

私は誰よりも熱い男である。体育会準硬式野球部の副将として下級生の意欲向上を行った経験がある。

2年生の冬、新型コロナウイルスの影響で人数・練習時間が制限され、思うような練習が出来ずにいたため下級生の意欲低下が見られた。その原因は、全体で士気を上げる練習メニューを行えず、個人的な練習が増えたからだと考えた。

この状況を打開するため、下級生の意欲向上を図るため以下の2つの取り組みを行った。1. 一人一人と向き合う時間が増えたことを利用し、個人面談を行う。2. 単純なメニューの中に競争させる要素を入れる。この取り組みを行い、直接下級生一人一人の目標を聞くことや自分の思いを伝えることが可能になった。

また、競争要素を加えた練習メニューを行うことで、選手同士のライバル意識を生み出し責任感を持つことができた。結果としてアドバイスを求めてくる選手が増えるようになり、リーグ戦ではベストナインや新人王を獲得する選手が誕生し、下級生の意欲向上に貢献することができた。

## 近鉄グループホールディングスの合格エントリーシート一覧を見る
## 鉄道の合格エントリーシート一覧を見る
## 準硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓