【今すぐ使える】自己PRキーワード81選

ESや面接で必ず聞かれる質問ってあるよね。「あなたの強みはなんですか?」もそのひとつ。文頭では「私の強みは●●です」と書く(話す)のがよいだろう。

だがこの●●、いきなり頭に浮かんできたりしないわな…自分の強みを一言で表現するのって、案外難しいもの。そこで、体育会学生が使えそうな「私の強みキーワード82選」を紹介したい。初めての人でも簡単に作れるように、作成手順や例文も記しておこう。

【ステップ1 】自分に当てはまる言葉を選ぶ
最初に、下記81のキーワードから、自分に少しでも当てはまる言葉に◯(マル)を付けてみてほしい。このとき、あまり深く考えず、直感的に選択することをお勧めしたい。少なくとも10個以上はあるはずだ。

1. 向上心
2. 主体性
3. 計画性
4. 目標設定
5. 実行力
6. 行動力
7. 傾聴力
8. 問題解決
9. 目標達成
10. 状況把握できる
11. 好奇心
12. 協調性
13. リーダーシップ
14. 忍耐力
15. 柔軟性
16. コミュニケーション
17. 情熱
18. 謙虚
19. 工夫
20. 改善
21. 信頼関係
22. 人を巻き込む
23. 挑戦
24. 努力
25. チャレンジ
26. 価値観の尊重
27. 信念
28. 継続力
29. 誠実
30. 熱いハート
31. やり抜く
32. 意志疎通
33. 臨機応変
34. 唯一無二の存在
35. 真摯
36. 全力を尽くす
37. プロ意識
38. 負けず嫌い
39. 折れない心
40. やり遂げる
41. あきらめない
42. ひたむき
43. 貪欲
44. 上昇志向
45. 感謝
46. バイタリティ
47. 結果にこだわる(結果を出す)
48. 体力
49. 根性
50. 元気
51. 不屈の精神
52. 地道な努力
53. 対話力
54. 絶対にあきらめない
55. 笑顔
56. 分析力
57. 本気で向き合う
58. 妥協しない
59. 人や組織のために尽くす
60. 人の立場に立って考える
61. 提案力
62. 探究心
63. 勝ちにこだわる
64. 統率力
65. 切磋琢磨
66. 困難を乗り越える
67. 客観的に物事をみる
68. 執念
69. 洞察力
70. 目配り
71. 気配り
72. 先を見据えた行動
73. 冷静な判断力
74. 枠にとらわれない考え
75. 観察力
76. 失敗を恐れない
77. 逆境
78. 諦めない
79. アイディア
80. 粘り強さ
81. 論理的に考える

【ステップ2】選んだ単語を組み合わせる
次に、選んだ単語を文章にしていく。ひとつの単語をそのまま使ってもいいし、いくつかの単語を組み合わせて文章を作ることもできる。下記が例文である。

  • 私は、妥協せずに取り組むことができます(58. のみ)
  • 私は、逆境でも全力を尽くせる人間です(77. と38. の組合せ)
  • 私は、客観的に物事をみて、冷静な判断を下すことができます(67. と73. の組合せ)
  • 私は、やり遂げるという意志を行動によって示すことができます(40. と6. の組合わせ)
  • 私は、逆境の時こそ、諦めない気持ちを持って行動してきました(78. と79. の組合せ)
  • 私は、笑顔で困難を乗り越えることができます(55. と66. の組合せ)
  • 私は、妥協せず、人や組織のために尽くすことができます(58. と59. の組合せ)

【ステップ3】強調できる言葉を補足する
最後のステップでは、あなたの強い意志を感じさせる言葉を補足する。例えば「必ず」「決して」「どんなに苦しくとも」「絶対に」「最後まで」「常に」「徹底的に」「何事も」「全力で」「何があっても」などだ。これで体育会らしさがグッと増す。例文は下記の通りだ。

(例文1)
私は、妥協せずに取り組みます
↓  ↓  ↓
私は、何事も、最後まで妥協せずに取り組みます

(例文2)
私は、逆境でも全力を尽くせる人間です
↓  ↓  ↓
私は、どんな逆境でも全力を尽くせる人間です

(例文3)
私は、客観的に物事をみて、冷静な判断を下すことができます
↓  ↓  ↓
私は常に、客観的に物事をみて、冷静な判断を下すことができます

(例文4)
私は、やり遂げるという意志を行動によって示すことができます
↓  ↓  ↓
私は、必ずやり遂げるという意志を行動によって示すことができます

(例文5)
私は、逆境の時こそ、諦めない気持ちを持って行動してきました
↓  ↓  ↓
私は、逆境の時こそ、絶対に諦めない強い気持ちを持って行動してきました

(例文6)
私は、笑顔で困難を乗り越えることができます
↓  ↓  ↓
私は、どんな時も笑顔で困難を乗り越えることができます

(例文7)
私は、妥協せず、人や組織のために尽くすことができます
↓  ↓  ↓
私は、何があっても妥協せず、人や組織のために全力を尽くすことができます

「少し大げさじゃね?」と思うかも知れないが、それくらいでちょうどいい。人事は、数千枚から数万枚くるESを、数週間~1ヶ月で読み切らないといけない。つまり、あなたのESは1度しか読まれない。だとしたらあなたは、そのたった1回のチャンスで、あなたが真剣に取り組んできたことを、文字を通して人事に強く印象付け、合格を引き出してこなければならない。

── 以上である。

もちろん、ここに挙げた81のキーワード以外にも使える言葉は無数にある。重要なことは、あなたの性格や特徴を言い当てた一言を見つけることだ。

少し時間はかかったとしても、根気強く探す価値はあると思う。なぜなら、一度見つけ出したあなたにピッタリの言葉は、あなたが受ける全ての企業の自己PRで使えるからだ。部活の親しい友人などに、わたしの強みってなに?と聞いてみるのもいいかも知れないな。

今日の講義は以上です。

ps.
ちなみに、「私の強みは●●です」の続きは、その強みを証明する具体的なエピソードを書くことになるだろう。エピソードの作成方法は、伊藤忠商事の内定者が発見した、スベらない自己PRの公式を参考にしてみてほしい。

◎この記事があなたのお役に立てたなら、友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓