【20卒】合格エントリーシート 東京海上日動火災保険(グローバルコース) バスケットボール

Q. 大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。(150文字以内)

1. 体育会女子バスケットボール部でのチーム改革
2. 交換留学とその前後の英語学習
3. 姉妹校との体育会交流戦での実行委員(運営とパンフレット作成)

Q. 上記から1つ選んだ取り組みに関して、活動期間、役割、人数等具体的なイメージができるように内容を教えてください。(250文字以内)

大学1年生の4月から現在まで、約20名の部員と共に週5回活動しています。大学3年の10月からは主将を任せていただいています。

入部当初は人数も少なく、試合出場で精一杯のチームでしたが、同期と語り合ううちにせっかくやるなら本気で勝ちを目指したいと考えるようになり、練習回数、内容や運営体制を大幅に改革してきました。

その結果、毎年最高競技成績を更新し、昨シーズンは関東大学女子バスケットボールリーグ4部の40チーム中3位の成績を収めることができました。現在も悲願の3部昇格を目指して日々活動しています。

Q. その取り組みの中で感じた課題や問題、および感じたきっかけ・背景について教えてください。また、その後どのような行動を取ったのかについても教えてください。(400文字以内)

部員全員の心が揃えることを課題として捉えていました。

高校までそれぞれのやり方で部活に取り組んできて、それぞれの考え方で部活に向き合ってきた部員全員が一つのことに同じ姿勢で取り組むのは難しいことでした。

特に、活動内容を大幅に変えていく過程ではそのような考え方の違いがわかりやすく表れ、すれ違いや衝突も少なくありませんでした。それに対して私はコミュニケーションの架け橋となり、一人ひとりと丁寧に向き合うことを大切に行動してきました。少しでも疑問や違和感があれば自分から話しかけに行き、互いが納得するまで徹底的に向き合いました。すれ違いが起こっている部員同士の間に立って双方の意図を丁寧に伝えたり、監督と選手の意見交換ミーティングを設置したりもしました。

さらに、ファミリー制度と呼ばれる学年縦割りのグループ制度を提案し、各ファミリーで練習内容理解のサポートや意見吸い上げの定期ミーティングを実施させました。

Q. グローバルコース従業員として、東京海上日動で実現したいことを教えてください。(200文字以内)

世界中の可能性を広げたいと考えています。留学や部活動での経験から、誰もが良いところや素晴らしい考えなどをもっているということを身をもって感じてきました。しかし何らかの原因や弊害があって、それが発揮できていないことはよくあります。

人や物事に丁寧に徹底的に向き合う強みを活かし、相手がどんな状況で、あと何があれば思いを実現できるのかを的確につかみ、それぞれにとって最高のサポートを提供していきたいです。

## 東京海上日動火災保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓