氏  名:元野 勝広
在  住:神奈川県鎌倉市
大学時のスポーツ:アメフト

・・・っと、フツーの自己紹介は会社概要からみていただくとして、ここではありきたりの自己紹介を見飽きたあなたに、本当の話をしよう。

勉強かスポーツか

父親は中卒、母親は高卒の両親が「社会では学歴も必要」と、僕を中高一貫の私立中学に行かせてくれたが、そこには自分より勉強できるヤツらがゴロゴロいた。

とにかくなんでもいいから1番になりたかった僕は「勉強以外の世界で勝負する」と、中2のとき自分からあっさりと落ちこぼれた。

小学校からずっと体育の成績だけはトップだったことを理由に、プロスポーツ選手になろうと決めた。

選んだ競技はアメフト。友達が誘ってくれたのがきっかけだ。

ビンボーな家庭で私立中学に行かせてくれた両親に「勉強をやめてアメフトをする(アメフトは結構金がかかる)」と告白するには、多少の勇気が必要だった。

満を持して伝えると両親は、少し時間を空けて静かに「自分がやりたいようにやればいいと思う」と言ってくれた。

嬉しいよりも、身が引き締まった。自由と責任はセットなんだ、と知ったのはこの時だ。

やりたいことをやった20代

アメフトが強い高校に転学し、高校と大学でそれぞれ日本一を経験した。どちらも100人以上の部活で副キャプテンまでやれた。

卒業後は日本IBMに営業職として入社し5年で退職。その後AFLのプロアメフト選手として、日本人では初めてフル出場した。

しかし脳しんとうをきっかけに29歳で引退。

無念ではあったけど、20代にやりたいことをやれる環境があったのは幸せだった。誰もがこのような幸運な環境下にあるわけではないだろう。

起業と倒産

ただ、20代で自由を謳歌したツケは30代でしっかり回ってきた。

引退後すぐに会社を作ったが、3年で倒産。

現実をみれば、何かを変えなければならないことは確かだったが何を変えればよいのかがわからなかった。

きっかけをくれたのは、バスケの神様、マイケル・ジョーダンの言葉だった。

── たとえば、毎日8時間シュートの練習をしたとしよう。この場合、もし間違った技術で練習を続けていたとしたら、間違った技術でシュートする名人になれるだけだ。つまりずっとシュートは入らない

振り返れば、アメフトでは有能なコーチから勝てる技術を毎日学んでいた。でも、ビジネスではコーチをつけていなかった。

このとき初めて気がついた。

事業家として勝ちたいのなら、すでに勝ち方を知っている社長から、実践的にビジネスを学ぶ必要がある、と。

やり直しだ!

早速、実績ある複数の社長に師事し、この体育会就職支援事業をはじめた。

やっていくうちに勝てる方法が徐々にわかってきて、売上も収入もだいぶ伸びてきた。

もしこのときビジネスコーチをつけていなかったら・・・今の自分はないだろう。

この経験から、スポーツでもビジネスでも(おそらく他のどの分野でも)優れたコーチの力を借りれば、勝率を劇的に上げ、時間も大幅に短縮できることを確信した。

そして次第に、自分は誰のコーチになれるだろうか?と考えるようになった。

このサイトが目指すところ

そこで作ったのが、この就活コーチサイトである。

正直にいうとこの事業は、ビジネスとして勝機があるという理由だけで4年前からひとりで細々とやっていた。

しかし時は過ぎ、この4年で体育会学生面談数が6,000人を超え、気付けば経験が業界トップクラスになってしまった。

だからこの経験をサイトやメルマガであなたにシェアすれば、あなたの就活の手助けになるだろうと考えた。

就活コーチというと胡散(うさん)臭い響きになるが、つまりは、体育会就活に役立つ正しい知識と知恵の提供である。

  • あなたが行きたいあの企業に内定をもらった先輩の体験談
  • 絶対にスベらない自己PR / 志望動機の作り方
  • 体育会でも ‘ 内定が出る人 ’ と ‘ 出ない人 ’ の違い
  • あなたの特別な経験が、人事に伝わる書き方(ES)や話し方(面接)
  • やってはいけない逆質問

挙げればキリがないが、これら就活に必要なノウハウを、どこよりも実践的に、わかりやすく伝えるのが、今僕らがやるべき仕事だと思っている。

プライベートでは、ワイフと子供に恵まれてからゆっくりと、しかし確実に人生が変わっていった。この話はまたメルマガかなんかで話そう。

家族:

  • 妻と子供3人(娘ふたりと息子ひとり)

身体的特徴:

  • 身長173.6cm(調子良いとき) 体重66.9kg
  • 足が太く短い

習慣:

  • 21:00就寝、4:00起床
  • サーフィン
  • 散歩
  • 基本1日1食。ときどき2食。

得意:

  • 反省しない
  • 執着しない
  • 嫌なことがあってもソッコー忘れる

座右の銘:

  • 執着心をなくすと、幸福度が上がる(自分でつくったもの)
  • 努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する (ヘンリー・フォード)
  • 「勝つ意欲」はたいして重要ではない。 そんなものは誰もが持ち合わせている。 重要なのは、勝つために準備する意欲である(ボビー・ナイト)
  • 成熟とは、思いやりと勇気のバランスである(フランクリン・コヴィー)

繰り返し読んでいる本:

SNS: